薬剤師1年目の基礎

薬剤師再就職TOP >> 基礎 >> 1年目薬剤師の勉強方法

1年目薬剤師の勉強方法

1年目薬剤師は、職場でも勉強ずくめの毎日です。調剤の場合は、処方箋で指示された医薬品のピッキングの方法を完璧に覚えることや、普及された医薬品とジェネリック薬との対応を覚えること、医薬品情報をいかに患者に反映させるかというような内容までも知識を深めていかなければいけません。大学在学中に受ける実習で、実習先の指導薬剤師から実務を通した指導を受けた経験を持っていても、「就職先では調剤に使用する機器が違っていた」「実習先で習った手順と違う」というローカルルール等にカルチャーショックを受けてしまうこともあるようです。

どうしたら仕事を覚えられるようになるか、新しい情報をタイムリーに吸収できるようになるか悩む方も少なくありません。仕事を覚えない限り、調剤ミスや管理ミスにつながります。医師の処方ミスを見抜けなかったり、単位を間違えて調剤をしてしまったりすると、患者の命を奪ってしまうことにもつながります。こういったことがないように、薬剤師や看護師などは「職務中に気付いた大きなミスにつながりかねない自分のミス」等をヒヤリハット事案としてディスカッションすることがあります。業務改善を行い、ミスがない職場作りを目指すのが一般的です。

仕事を終えた後は、ノートに1日の仕事内容を記載しましょう。今日覚えなければいけないこと、覚えたことをノートに書きだしてインプットすることは、多くの1年目薬剤師が行っていることです。仕事をしているうちに医師が処方する医薬品の傾向などが分かってくるため、ピッキングなどもどんどんスムーズになってくるはずです。また実務の中で、指導を受けながら少しずつ覚えることで、ノートに記載していったことが身につくでしょう。またどんどん調剤に携わったり、患者と一緒に薬の使い方を確認したりすることも大切です。ジェネリックの対応などは設備が整った調剤薬局では、オンライン上にデータベース化されていることもあります。気になったことは、都度確認しながら覚えていきましょう。

仕事の流れがなかなか覚えられないと悩むことは誰もがあることです。それでも仕事がスムーズにいかないという場合、適性がミスマッチなのかもしれません。現在の薬剤師の仕事から調剤、OTC販売系、倉庫で薬剤管理や官公庁へ申請を行う業務などに転職することも一案です。薬剤師の資格を活かした職種へ仕事を変えることで、仕事がしやすくなりこともあります。薬剤師専門の転職エージェントを利用することで、仕事への適性診断を受けることもできます。

薬剤師の1年目転職向け求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
○多くの方の就職・転職に関わってきたリクルートグループ運営で安心できるサービス。
○新卒薬剤師向けの実績も豊富。転職先の紹介から、初めての転職活動の総合サポートまで。



Copyright (C) 2014-2017 薬剤師1年目転職サイト【※人気求人の探し方をナビゲート】 All Rights Reserved.