1年目薬剤師が製薬会社へ転職するには

薬剤師再就職TOP >> 基礎 >> 1年目薬剤師が製薬会社へ転職するには

1年目薬剤師が製薬会社へ転職するには

1年目薬剤師が転職を考えるケースが増えています。就職先と自分の希望とのミスマッチや、人間関係等に疲れたなどというのが主な理由としてあげられます。転職に踏み切る場合、第二新卒としての扱いでもいいので、自分が入りたかった企業への転職を目指そうとして、製薬会社への転職活動に踏み切った方も少なくありません。

製薬会社で求められる薬剤師の仕事は多岐にわたります。臨床研究や治験、品質保証関連やDI(医薬品情報管理)業務等が挙げられます。このほかにも薬剤師の資格を活かした仕事はたくさんあり、やりがいも得られます。転職や中途採用の場合はCRC(治験コーディネイター)やDI業務の他、官公庁申請業務などの分野での求人が主立っています。製薬会社が求める人材としては、特定の実務経験を3年以上持っていること、日常会話以上の英会話力を持っている方等が挙げられます。1年目薬剤師から見たら、応募資格に満たない案件が多いのですが、この他にも、数多くの求人がありますので根気よく探しましょう。

製薬会社の仕事のなかで、どうしても携わりたい業務があるという場合や、転職サイトを閲覧しても自分の条件に見合った職種が見つからないという場合、転職サイトを運営している薬剤師専門の転職エージェントの面談を受けてみることも一案です。マイナス要素が多い1年目薬剤師の転職も円満に進むようサポートしてくれます。即座に転職をすることが得策かどうか、製薬会社へ転職したい理由は何かをヒアリングしたのち、転職活動へ移れるようフォローを行います。スキルが満たない場合は代替の求人を探したり、現在の職場でスキルアップが見込めるか模索したりを行います。これらを指南する仕事も転職エージェントの役割です。

先にも触れましたが、1年目薬剤師が製薬会社へ転職するには、かなりのハードルがあります。転職を希望する理由によっては、1年目での転職が得策ではない場合も考えられます。1年目薬剤師の場合、キャリアプランもままならないままの状態で「製薬会社へ転職したい」という希望だけが先行している場合もあるからです。

転職エージェントでは、面談の結果をもとで転職のタイミングの時期をうかがう提案をする場合もあります。スキルをじっくり構築してからの方が成功しやすい場合もあるからです。面談の過程でライフプランやキャリアプランを練り、その結果を踏まえた転職活動へ移行することもあります。そうすることで多くのハードルをクリアできる場合が多いのです。

薬剤師の1年目転職向け求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
○多くの方の就職・転職に関わってきたリクルートグループ運営で安心できるサービス。
○新卒薬剤師向けの実績も豊富。転職先の紹介から、初めての転職活動の総合サポートまで。



Copyright (C) 2014-2017 薬剤師1年目転職サイト【※人気求人の探し方をナビゲート】 All Rights Reserved.