1年目薬剤師が転職で年収アップをするには

薬剤師再就職TOP >> 基礎 >> 1年目薬剤師が転職で年収アップをするには

1年目薬剤師が転職で年収アップをするには

1年目薬剤師の時代は、大学時代の同期薬剤師との横のつながりも多く、情報交換をすることもあるようです。また異業種交歓会などへの参加を通じて薬剤師以外の職種に就いた方との交流も増える時期です。こういった場で年収や月収に関する話を耳にし、自分の給与報酬と比べてしまうことも良くあることです。同業他社・入社1年目の薬剤師という自分と同じ土俵にいながら、収入がよいという話を聞くと、心中穏やかにはならないでしょう。

1年目薬剤師が転職で年収アップさせるのは一般的に考えて、とてもリスキーです。新卒後1年未満の場合「第二新卒」という取扱をされてしまい、中途採用でも新卒と同じ給与取り扱いをされてしまうからです。前職のキャリアが反映されないどころか、新卒よりも若干少ない額が初任給ということ場合もあります。これでは年収UPをもくろんだ転職は失敗してしまいます。

また、大学を卒業したばかりの薬剤師が「収入UPのために転職を考えている」と言えば、野心家という見方が強くなり、転職が不利になってしまう場合も考えられます。年齢給などの定期昇給や管理職手当が付与されるようになる等、数年後には同期薬剤師よりも年収UPが見込めることもあります。目先のことだけで判断することなく、今後のキャリアプランを見据えて、転職を考えましょう。

自分の給与をUPさせたいという場合は、転職エージェントを利用することをお勧めします。転職エージェントでは、現在の給与は相場に近い金額かどうかを診断してもらえます。また数年後のキャリアプランを構築しながら、今の職場で働くべきかどうか、青写真を描くことも可能です。転職エージェントでは、様々な企業の給与事情にも精通しているので、数年後の収入モデルプランもシュミレーションすることができます。この結果を踏まえて今、薬剤師1年目のタイミングで転職するかどうかを考えても、遅くはありません。

パート勤務から正社員待遇で迎えてくれる職場へ移るという考え方は、1年目薬剤師でもアリな転職方法です。この考え方の場合は、中途採用でも、ステップアップが認められます。職歴が「パート・アルバイト」だけなので、キャリアが傷つくことも少ないでしょう。もちろん大幅な年収UPが期待できます。転職エージェントでは、転職することのメリットやデメリットを十分に提示しながら、よりよい転職になるためのサポートを行います。エージェントのサービスを有意義に使い、これからの働き方を見直していきましょう。

薬剤師の1年目転職向け求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
○多くの方の就職・転職に関わってきたリクルートグループ運営で安心できるサービス。
○新卒薬剤師向けの実績も豊富。転職先の紹介から、初めての転職活動の総合サポートまで。



Copyright (C) 2014-2017 薬剤師1年目転職サイト【※人気求人の探し方をナビゲート】 All Rights Reserved.