1年目薬剤師が病院へ転職するには

薬剤師再就職TOP >> 基礎 >> 1年目薬剤師が病院へ転職するには

1年目薬剤師が病院へ転職するには

一年目薬剤師が、仕事のスキルアップを目指して病院薬剤師に転向したいと考えることも少なくありません。一年目は仕事を覚える時期、雑用等身の周りの仕事をきっちりこなせるようになってから、第一線の仕事を与えられるという、ステップの構築期でもありますので、少しの時間だけ我慢して仕事を続けることも必要です。

調剤のスペシャリストになりたい、もっと保険調剤の仕事ができるフィールドに転職したいという場合は、病院がお勧めです。このところでは外来の患者に対して外部の調剤薬局を使うよう促していますが、入院患者に対しての薬の調剤は院内で行っています。様々な医薬品の管理や発注なども薬剤師が行うので、やりがいを感じることでしょう。病院の中には薬剤師外来という特別外来を設けて、患者の薬の飲み方を確認することや、これまで使用してきた医薬品の確認を行う仕事もあります。入院病棟や外来を駆け回ることもあるので、基本的にタフな方が求められます。一年目薬剤師の転職も受け入れ間口が広く、マイナスになりがちな入職一年目の転職でも、気にすることなく受け入れてもらえることがほとんどです。

ただし、3交代制の夜勤がある場合も考えられますので、転職を考える際はシフト勤務に対する働き方に関して調べておくとよいでしょう。オンコール(自宅待機中の呼び出し)等は少ないフィールドですが、残業が多い等のデメリットも考えられます。また病院の薬剤部で働く薬剤師は少数精鋭であることが多いので、短時間で精度の高い仕事が求められますし、チームワークを大事にできる方が求められます。

少しでも条件の良い待遇で入職したい、自宅から通いやすい病院で薬剤師として働きたいという場合、地域の求人情報を参照しても、なかなか見つからない場合が多いようです。また、納得できる待遇条件ではないというケースもあり、転職先がなかなか決まらないという八方ふさがりになるケースも見受けられます。

八方ふさがりになる前に、薬剤師専門の転職エージェントを利用することをお勧めします。転職エージェントが運営する転職サイトには、病院薬剤師の転職求人も数多く掲載されています。地域の求人も、検索機能を利用することですぐ見つけることができます。IターンやUターンを希望する場合でも、希望する地域の求人がすぐ見つかります。問い合わせをしたい場合は、web上から病院へ質問を送ることができるサイトも存在しているので、便利に活用できます。

薬剤師の1年目転職向け求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
○多くの方の就職・転職に関わってきたリクルートグループ運営で安心できるサービス。
○新卒薬剤師向けの実績も豊富。転職先の紹介から、初めての転職活動の総合サポートまで。



Copyright (C) 2014-2017 薬剤師1年目転職サイト【※人気求人の探し方をナビゲート】 All Rights Reserved.