1年目薬剤師が一般企業へ転職するには

薬剤師再就職TOP >> 基礎 >> 1年目薬剤師が一般企業へ転職するには

1年目薬剤師が一般企業へ転職するには

一年目薬剤師が転職を考える時、「自分に適性がないのでは」という悩みから仕事を辞め、全くの異業種転職をされる方もいるようです。一般企業へ転職して会社員として新しいスタートを切るという方もいるようです。もちろん、これで様々な悩みが解消されるのであればよいのですが、時間と費用をかけて取得した薬剤師の資格が、勿体ないと考えることもできます。安易に薬剤師の職から離れてしまうと、再び薬剤師として仕事を始めるきっかけがつかめなくなってしまいます。まずは、異業種転職をせずに済む方法を模索してみましょう。

一般企業へ転職する場合、「一年目薬剤師」という肩書がとても大きなマイナス要素になってしまいます。実際に転職が成功したとしても、薬学を専門に学んだ大卒生であるため、ビジネスの場で自分の本領を発揮できないというリスクを負うことにもなります。ここでも「こんなはずではなかった」と再び転職を考える方も出てきます。

このようなミスマッチ転職にならないためにも、まずは薬剤師専門の転職エージェントを利用することをお勧めします。転職希望者の現在の仕事の適性はどうかを診断し、まずは薬剤師の資格を活かした別の職種で働く方法を模索します。製薬会社の治験コーディネイターや、DI業務等、薬剤師の資格を活かした仕事がたくさんあります。調剤やOTC医薬品販売等のフィールドでもたくさんの職場が存在します。転職エージェントに在籍するキャリアアドバイザーの話を参考にしながら転職活動をしていきましょう。

また、薬剤師専門の転職エージェントでは、異業種転職に対する適性を診断し、6年制薬学部卒の薬剤師が、一般企業へ転職することのリスクや、第二新卒としての難しさなどもディスカッションしていきます。一年目薬剤師でも、一般企業に転職すれば同期は2学年年下で、先輩という位置付けになってしまいます。こういったことに抵抗を持ってしまう場合は、振り出しに戻って、転職に関しての模索を改めなければいけません。

それでも一般企業で働く気持ちが揺らがない場合は、一般企業向けの転職エージェントを利用することになります。マイナビ薬剤師やリクナビ薬剤師を利用した場合、一般企業の求人に特化した系列転職エージェントも存在しているため、移行がスムーズでしょう。こちらでも同様の適性診断を行いながら、よりよい転職先探しを手伝ってくれます。一般企業向け転職エージェントでも、会員登録からすべてのサービスの利用に関してすべて無料です。働きながらの転職活動もできるので、まずは会員登録から始めましょう。

薬剤師の1年目転職向け求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
○多くの方の就職・転職に関わってきたリクルートグループ運営で安心できるサービス。
○新卒薬剤師向けの実績も豊富。転職先の紹介から、初めての転職活動の総合サポートまで。



Copyright (C) 2014-2017 薬剤師1年目転職サイト【※人気求人の探し方をナビゲート】 All Rights Reserved.