新卒時に落ちた会社への転職チャレンジは可能?

薬剤師再就職TOP >> 基礎 >> 新卒時に落ちた会社への転職チャレンジは可能?

新卒時に落ちた会社への転職チャレンジは可能?

「どうしても就職したい会社があったものの、採用試験で落ちてしまった」という経験を持つ人は少なくないでしょう。薬剤師資格を持つ人の中にも「希望した製薬メーカーに行けなかった」「行きたい大学病院から不採用の連絡を受けた」といった思いをした人は比較的多いと言われています。では新卒時に不採用となった会社や企業が中途採用を実施している場合、そこに再チャレンジして申し込むことは可能なのでしょうか。

大半のケースにおいて、中途採用担当者は「新卒に申し込んで落ちた人だから」ということで選外にするということはありません。むしろ「この会社で働きたい」という熱意が感じられることや、学生の時と比べて社会人経験を積んだことでどれほど成長したかを判断することができるという理由から、比較的好意的に受け止められることが多いようです。特に20代の応募者に関しては「ポテンシャル採用」を行うケースが非常に多く見られています。

とはいえ「30代以上は再チャレンジが難しい」というわけではありません。むしろ中途採用に関しては社会人経験や薬剤師としてのスキルを磨いた人を募集することが多いのです。特に規模の大きな薬局や病院内薬局の中途採用では、管理薬剤師としてのキャリアを持つ人が優先的に採用されています。ですから「新卒時に採用されなかった職場へいつかは転職したい」という願いを持っているなら、今いる職場で薬剤師としてのスキルを磨きあげていくことが最良の道と言えるでしょう。

もう1つのポイントは「中途採用の傾向を見極める」ということです。製薬会社ではMRなどの経験を持つ人材を中途採用で募集する傾向があります。また病院内薬局の求人では「感染制御認定薬剤師」や「がん薬物療法認定薬剤師」などの専門資格もしくは認定資格を持つ人が特に採用されやすくなっています。ですから目標とする転職先があるなら、そこから出される中途採用情報を定期的にチェックしておき、その傾向に合わせた経験や資格、スキルを培っておくことが重要です。

もし再チャレンジをして面接まで進むことができたなら、注意すべき点が1つあります。それは「新卒の際に落とされたことに関する愚痴を言わないこと」です。むしろ「なぜ再チャレンジしたのか」「どんな点に魅力を感じているのか」を説明することに注力しましょう。そうすることで「再チャレンジするためにどんな努力を払ってきたのか」を真摯な仕方で伝えることができ、採用してもらえる可能性がさらに高まることでしょう。

薬剤師の1年目転職向け求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
○多くの方の就職・転職に関わってきたリクルートグループ運営で安心できるサービス。
○新卒薬剤師向けの実績も豊富。転職先の紹介から、初めての転職活動の総合サポートまで。



Copyright (C) 2014-2017 薬剤師1年目転職サイト【※人気求人の探し方をナビゲート】 All Rights Reserved.